Publication Introduction

融液からの凝固・結晶成長は、材料の特性を発現させるために重要なプロセスですが、 高温・光学的不透明などの理由により未解明の現象が少なくありません。 本研究室では、時間分解X線イメージングなどの実験手法を開発し、金属合金を中心に凝固組織形成の素過程を実証的に 解明し、物理モデルの構築・シミュレーションにより検証を行い、新しい組織制御手法や材料プロセスの開発を目指しています。
また、物質の磁場などの外場に対する応答性を顕在化させ、材料プロセスに応用する原理の構築から、 結晶が高次に配向した組織などを実現する新しい材料プロセッシングに関する研究を行っています。

奥田准教授グループのWebサイト こちら
材料工学専攻の紹介ビデオ(入門編)
            (発展編1)
            (発展編2)<安田研究室・田中研究室>
            (学生インタビュー編)<研究室メンバー出演>

What's new What's New

Update: 2018.11.01.

+ 2018.10.14-18. EPM2018 @ Awaji Yumebutai International Conference Center, Awaji Island

  第9回材料電磁プロセッシング国際シンポジウムにて、安田が組織委員長を務めました。

+ 2018.10.13-14. JFS meeting 2018 @ Ishikawa Industrial Promotion Center, Kanazawa

  石川県地場産業振興センターで開催された日本鋳造工学会において、3件の研究発表を行いました。

*安田秀幸,"金属合金の凝固組織・欠陥形成機構の実証的解明"
*Kiattisaksri Chatcharit、杉山明、森下浩平、安田秀幸,"高速時間分解CTによる球状黒鉛鋳鉄の凝固過程におけるグラファイトとオーステナイトの相互作用の観察"
*東森稜、宇野木諒、森下浩平、安田秀幸,"高固相率領域での固液共存体の変形・流動のモデル化"

+ 2018.10.4. Farewell & welcome party @ Tentora, Mototanaka

  事務補佐員 前田さんの送別会および野村さんの歓迎会を行いました。
 前田さん、半年間ありがとうございました。
 野村さん、これからよろしくお願いします。
181004

+ 2018.10.4. Joint seminar @ Kyoto University

  大阪大学 吉矢研究室と合同でゼミを行いました。

+ 2018.9.26. The 73th World Foundry Congress @ Krakow, Poland

  ポーランドで開催されたWorld Foundry Congressにおいて安田が研究発表を行い、Best Presentation Awardを受賞しました。

*H Yasuda, A Sugiyama, K Chatcharit, K Morishita,”Time-resolved and in-situ 2D / 3D imaging of solidification in ductile cast iron”

+ 2018.9.19-21. JIM & ISIJ meetings 2018 @ Tohoku University, Sendai

  東北大学で開催された日本金属学会秋期大会、日本鉄鋼協会秋季講演大会において、10件の研究発表を行いました。

*安田秀幸,"鉄鋼材料の凝固過程におけるマッシブ的変態の解明と新しい凝固・鋳造原理の構築"、日本鉄鋼協会
*橋本隆弘、吉矢真人、森下浩平、安田秀幸,”0.18mass%C鋼におけるマッシブ的変態後のγ相粗大化に及ぼす温度勾配の影響”、日本鉄鋼協会
*清尚暉、吉矢真人、森下浩平、安田秀幸,”0.18C鋼のマッシブ的変態時の体積収縮速度に及ぼすTi添加の影響”、日本鉄鋼協会
*市田晃大、三野翔平、吉矢真人、森下浩平、安田秀幸,”Fe-18Cr-11Ni合金のマッシブ的変態前後の体積変化とδ/γ間の結晶方位関係”、日本鉄鋼協会
*Kiattisaksri Chatcharit、杉山明、森下浩平、安田秀幸、"Growth of Spheroidal Graphite in Ductile Cast Iron during Solidification Process Observed by X-ray Tomography"、日本金属学会
*河原崎琢也、加藤勇一、梶原堅太郎、森下浩平、安田秀幸,"凝固初期過程の観察を可能とする高時間分解4D-CTの試み"、日本金属学会
*東森稜、宇野木諒、森下浩平、安田秀幸、"固液共存体のマクロ力学モデルの高固相率領域への拡張"、日本金属学会
*加藤勇一、河原崎琢也、森下浩平、安田秀幸,"時間分解CTを利用したAl-Cu合金のデンドライト形状の定量評価"、日本金属学会
*Nam Cheolhee、森下浩平、安田秀幸,"Systematic characteristics of microsegregation in Ni-based superalloy"、日本金属学会
*藤本誠、市田晃大、森下浩平、安田秀幸、崇巌、高斯、辻伸泰,”時間分解X線CT(4D-CT)によるTi-6Al-4V合金のβ→α変態の定量評価”、日本鉄鋼協会

+ 2018.9.14-15. Lab trip @ Southern Nara

  奈良県南部にて、一泊二日の研究室旅行を行いました。
labtrip.2018

+ 2018.9.3-6. The Seventh International Conference on Solidification and Gravity @ Miskolc-Lillafüred, Hungary

  ハンガリーで開催されたInternational Conference on Solidification and Gravityにおいて、安田が総会講演を行いました。

*Hideyuki Yasuda, Yuta Tomiyori, Takuya Kawarasaki, Yuichi Kato, Kohei Morishita, "Characterization of dendrite shape evolution in Fe-C system by using time-resolved X-ray tomography"

+ 2018.7.11. Encouragement rally for entrance exam of graduate school @ Syaraku, Hyakumanben

  写楽@百万遍で、院試に向けた壮行会を行いました。4回生のみなさん、後1か月余り、頑張ってください。
Sokokai.2018

+ 2018.6.2-13. Imaging at BL20XU of Spring-8

  大阪大学と共同でX線イメージングの実験をSPring-8で行いました。

+ 2018.5.19-20. JFS meetin at Kobe International Conference Center, Hyogo

  神戸国際会議場で開催された日本鋳造工学会第171回全国講演大会にて、D2:KiattisaksriとM2:東森が研究発表を行い、
 ともに学生優秀講演賞を受賞しました。
 また、安田が平成30年度西山圭三賞を受賞しました。
 *東森稜、宇野木諒、森下浩平、安田秀幸,"せん断帯に形成されるマクロ偏析に及ぼす固液共存体の力学挙動の影響"
 *Kiattisaksri Chatcharit、 杉山明、森下浩平、安田秀幸,"4D-CTによる球状黒鉛鋳鉄の凝固過程における体積膨張の測定"
賞状_東森 賞状_Moo

+ 2018.5.9-10. Imaging at BL20B2 of Spring-8

  X線イメージングの実験をSPring-8で行いました。

+ 2018.5.1. Assistant Prof. Morishita moved to Kyusyu Univ.

  助教の森下先生が、九州大学工学研究科材料工学部門へ准教授として異動されました。
 森下先生の今後のご活躍をお祈りしております。

+ 2018.4.8-12. Imaging at BL28E2 of Spring-8

  X線イメージングの実験をSPring-8で行いました。

What's new 2014年以前

+ 2014/11/24-26. Best Presentation Award of MCSP 2014

吹田市で開催された9th Pacific Rim International Conference on Modeling of Casting and Solidification Processesにおいて、上部君(修士)が、Best Presentation Award を受賞しました。
AwardMCSP

+ 2014/11/24-26. MCSP 2014, Suita, Japan

吹田市で開催された9th Pacific Rim International Conference on Modeling of Casting and Solidification Processesに参加し、9件の研究発表を行いました。
MCSP MCSP2
*T. Nagira, S. Morita, S. Yanai, H. Yasuda, C.M. Gourlay, M. Yoshiya, A. Sugiyama,, K. Uesugi, "Time-resolved X-ray imaging of deformation in semi-solid alloys at high solid fraction"
*S. Yanai, S. Morita, T. Ito, K. Morishita, T. Nagira, H. Yasuda, "Image-based Analysis of semisolid deformation for Al-In and Fe-C alloys"
*S. Morita, l T.Ito, T. uchida, T. Nagira, K. Morishita, H. Yasuda, C. M. Gourlay, M.Yoshiya, "A macroscopic model of semisolid deformation including rearrangement of solid grains"
*R. Ozaki, H. Yasuda, K. Nogita, T. Nagira, M. Yoshiya, Y. Terada, "Distribution of modifier elements in hypereutectic Al-Si alloy and a suggestion of the mechanism of modification"
*A. Sugiyama, H. Yasuda, K. Yamane, T. Nagira, M. Yoshiya, K. Uesugi, A. Takeuchi, Y. Suzuki, "Sequence of the structure formation of the gray cast iron"
*T. Nishimura, K. Morishita, H. Yasuda, T. Nagira, M. Yoshiya, A. Takeuchi, Y. Suzuki, "Interface morphology in the massive-like transformation following δ-phase solidification in Fe-C alloys"
*I. Uwabe, K. Morishita, T. Nagira, M. Yoshiya, H. Yasuda, "A preliminary study for In-situ measurement of solute-partition for Ni-based alloys by using X-ray imaging and fluorescent X-ray analysis"
*K. Sugimura, T. Nishimura, K. Morishita, H. Yasuda, T. Nagira, M. Yoshiya, "Driving force at δ/γ interface in the massive-like transformation following the δ solidification in Fe-C alloys"
*M. Yoshiya, K. Nakajima, M. Watanabe, T. Nagira, H. Yasuda, "Influence of δ/γ interface energy on δ-γ massive-like transformation of low carbon steel"
T. Kondo, *H. Yasuda, A. Sugiyama, T. Nagira, M. Yoshiya, "Estimation of anisotropic permeability using in-situ X-ray imaging"

+ 2014/11/16-19. IM2NP - UMR 7334 CNRS - Aix-Marseille Univ, France

安田がIM2NP. CNRS (Aix-Marseille Univ)を訪問し、凝固モデリング、X線イメージングの応用について議論を行いました。また、学位審査のdefense meetingにも参加しました。

+ 2014/11/13-14. 9th Magneto-Science meeting, Takayama, Japan

高山市で開催された第9回日本磁気科学会年会に橋本が参加し、研究発表を行いました。
*橋本歩、中塚憲章、森下浩平、柳楽知也、安田秀幸、"Mn 添加β-FeSi2 の首振り磁場による 3 軸配向バルク体作製とその配向評価"

+ 2014.10.21-26. Imaging at BL20B2 of Spring-8

大阪大学、大阪産業大学と共同で、X線イメージングの実験をSPring-8で行いました。

X-ray imaging

+ 2014.10.9-14. Imaging at BL20XU of Spring-8

大阪大学、大阪産業大学と共同で、X線イメージングの実験をSPring-8で行いました

+ 2014/09/28-30. CNRS-JSPS France-Japan Seminar, Pornichet, France

ナント市郊外のPornichetで開催された日仏セミナー(学振2国間セミナー)に参加し、2件の研究発表を行いました。
*T. Nagira, N. Nakatsuka, H. Yasuda, K Uesugi, "Radiographic observation of microstructural evolution in Sn-Bi alloy induced by ultrasonic vibration", CNRS-JSPS France-Japan Seminar, Pornichet, France, 2014/10/30
A. Hashimoto, N. Nakatsuka, K. Kurokawa, T. Nagira, *H. Yasuda, "Fabrication of β-FeSi2 with three-dimensional alignment", CNRS-JSPS France-Japan Seminar, Pornichet, France, 2014/10/29

+ 2014/10/29. Frontiers in Solidification Research, DLR, Koln, Germany

第136回ニューガラス研究会(大阪キャッスルホテル)で、森下が”融点直下での高温塑性変形を利用した半導体単結晶のレンズ成型とその光学的応用”について研究発表をしました。

+ 2014/09/30. Frontiers in Solidification Research, DLR, Koln, Germany

ドイツ航空宇宙研究所(ケルン)で開催されたワークショップFrontiers in Solidification Researcにおいて、研究発表を行いました。
*H. Yasuda, T. Nagira, M. Yoshiya, K. Morishita, A. Sugiyama, ”Remelting of primary dendrite in Cu-Fe alloys -In-situ X-ray imaging-"
at DLR

+ 2014.9.24-26. JIM & ISIJ meetings at Nagoya University, Aichi

名古屋大学で開催された日本金属学会秋期大会、日本鉄鋼協会秋季講演大会において、8件の研究発表を行いました。
*森下浩平、浅井拓登、安田秀幸、”バルクシリコン単結晶における一次再結晶過程”、日本金属学会
*森田周吾、内田辰徳、伊藤徳地、安田秀幸、森下浩平、柳楽知也、吉矢真人、“二流体モデルを用いたマクロモデルにおいて固相粒子の衝突・再配列がせん断帯に形成するマクロ偏析に与える影響”、日本金属学会
*森田周吾、伊藤徳地、安田秀幸、森下浩平、柳楽知也、吉矢真人、“高固相率の固液共存体の変形マクロモデルにおける固相粒間の相互作用の検討”、日本鉄鋼協会
*柳井森吾、森田周吾、伊藤徳地、森下浩平、安田秀幸、柳楽知也、“高固相率の固液共存体における固相粒子の再配列・変形におよぼす合金系の影響”、日本金属学会
*柳楽知也、森田周吾、柳井森吾、伊藤徳地、安田秀幸、吉矢真人、杉山明、C.M. Gourlay、上杉健太朗、“固液共存体の変形過程における粒子スケールでの組織観察とせん断応力の評価”、日本金属学会
*上部伊織、森下浩平、安田秀幸、柳楽知也、吉矢真人、”X線イメージングと蛍光X線分析を利用した固液間溶質分配係数その場測定手法の検討”、日本金属学会
*西村友宏、杉村幸暉、安田秀幸、森下浩平、柳楽知也、吉矢真人、“δ/γ界面でのマッシブ的変態の駆動力の評価”、日本鉄鋼協会
西村友宏、*杉村幸暉、安田秀幸、森下浩平、柳楽知也、吉矢真人、“マッシブ的変態でのδ/γ界面移動速度に与えるMnとSiの影響”、日本鉄鋼協会

+ 2014.8.27. After-exam party in Kiyamachi, Kyoto

大学院入試(8/20-22)のお疲れ様会を木屋町の居酒屋で開催しました。
お疲れ様です

+ 2014.7.28-29. Materials FESTA in Sendai

西村(博士課程)が、仙台で開催された材料フェスタに参加し、ポスター発表を行いました。

+ 2014.7.25. Presentation at a research group of JFS

日本鋳造工学会第10回鋳鉄・レアアース高性能鋳鉄合同研究部会にて、安田が 「放射光を用いてその場観察した鋳鉄の凝固過程について」を報告しました。

+ 2014.7.20-22. second XRF at Spring-8

大阪大学と共同で、XRFの実験をSPring-8で行いました。

XRF

+ 2014.7.18. Poster defense presentation of the master-course students in the second year

恒例の修士2年生中間報告(ポスタープレビューとポスター発表)、懇親会が開催されました。

Poster

+ 2014.7.16. Send-off Beer party for entrance exam of graduate school, etc.. at the centre of GION festival

(無謀にも?)祇園祭の最中の四条河原町で、院試、中間発表に向けた激励会を開催しました。

Beer!!

+ 2014.7.8-11. ICASP-4 in Old Windsor, UK

ロンドン郊外で開催された4th International Conference on Advances in Solidification Processes (ICASP-4)に、 安田、共同研究者の柳楽先生(阪大)が参加し、3件の研究発表を行いました。
"Applications of in-situ imaging to alloy solidification", H. Yasuda [Plenary talk]
"Direct Observation of High-solid Fraction Deformation in Carbon Steel", T. Nagira, S. Morita, H. Yokota, H. Yasuda, C.M. Gourlay, M. Yoshiya, A. Sugiyama and K. Uesugi
"Crystallographic Orientation Relationship between delta and gamma in the Massive-Like Transformation of Fe-C Alloys", H. Yasuda, M. Kiire, T. Nishimura, T. Nagira, M. Yoshiya, A. Sugiyama and K. Kajiwara [Invited talk]

ICASP-4

+ 2014.7.8. Students in Super Science High School (Toyonaka) visited our lab!

大阪府立豊中高等学校(SSH)の生徒さんが京大の見学・実習の一貫で研究室見学をしました。
科学的知識の獲得だけでなく、日常と違う環境で新しい自分(興味など)を見つけたり、新たな動機(やる気)が湧いたり、一つのきっかけになればと思います。
豊中高校SSHのブログへ

+ 2014.6.29. XRF in Sring-8

大阪大学、クイーンズランド大学と共同で、XRFの実験をSPring-8で行いました。

XRF

+ 2014.6.26-28. Visit to Shanghai Jaio Tong University

上海交通大学、上海シンクロトロンを安田が訪問し、研究発表およびディスカッションを行いました。

+ 2014.6.23. MSE2014 in Sendai

仙台にて開催された Joint Symposium on Materials Science and Engineering for the Next Generation 2014-MSE2014に、 西村(D1)、森下が参加し、西村(D1)がポスター発表を行いました。
"In-situ measurement of delta/gamma interface motion in the massive-like transformation of Fe-C alloys"
T.Nishimura, H.Yasuda, K.Morishita, T.Nagira, M.Yoshiya

MSE2014

+ 2014.6.16. IUMRS-ICEM 2014

台北にて開催された IUMRS-ICEM 2014(International Union of Materials Research Societies - International Conference on Electronic Materials 2014)に、横井氏(阪大工院)、吉矢先生(阪大工)が参加し、研究発表が Best Poster Awardに選定されました。おめでとうございます!
"Influences of Elastic Strain and Consequent Change in delta/gamma Interface Energy on Nucleation-Triggered Massive-Like Transformation of Carbon Steel"
M. Sato, M. Watanabe, K. Nakajima, N. Ueshima, T. Yokoi, M. Yoshiya, T. Nagira, H.Yasuda

Best Poster Award

+ 2014.6.9. Experiments in SPring-8

大阪大学、大阪産業大学と共同でX線イメージングの実験を実施しました。 

Apparatus

+ 2014.5.31. JFS Annual Meeting & Best Paper Award

鋳造工学会の講演大会、優秀論文賞の受賞講演と受賞式がみやこメッセであり、研究室から安田、森下が参加しました。 山根さん(IHIマスターメタル)が優秀論文賞の受賞講演を行い、その後に受賞式で賞状を受け取りました。
対象の論文:“時間分解X線イメージングによるMg添加過共晶Fe-3.8C-3.1Si合金の凝固形態の観察 (Time-resolved and in-situ observation of solidification in hypereutectic Fe-3.8C-3.1Si alloys with Mg addition)”, 山根功士朗、安田秀幸、杉山明、柳楽知也、吉矢真人、上杉健太朗、梅谷啓二、牛込智章、佐藤彰洋、鋳造工学、85 (2013) 760-770.

JFS Best Paper Award

+ 2014.5.19. Competition Soft Ball

研究室対抗のソフトボールが始まりました。開幕戦、勝利!! 
その後:決勝トーナメントに進めず...

Soft Ball

+ 2014.5.10. Experiments in SPring-8 BL20XU

大阪大学、大阪産業大学のX線イメージングに共同で参加しました。

stone monument at SP8

+ 2014.5.1. Welcome Party

研究室の新歓コンパを開催しました。 今年度は森下先生、大学院博士過程1名、修士課程3名、学部4年生5名が新たに研究室に加わり、盛大なコンパに なりました。

welcome Party

+ 2014.4.24. Research award of JFS Kansai

日本鋳造工学会関西支部平成25年度支部秋季講演大会での発表 「時間分解・その場観察による過共晶鋳鉄の溶解・凝固に及ぼすMgの影響」 (安田・京大、山根・IHIマスターメタル、牛込、佐藤・IHI、杉山・大阪産大、柳楽、吉矢・阪大、梅谷、上杉・JASRI/SPring-8)に 対して、関西支部研究奨励賞(第31回)が授与されました。日頃、教育研究にご協力いただいている皆様に感謝申し上げます。
JFS Kansai

+ 2014.4.17. Experiments in SPring-8

大阪大学、大阪産業大学、クイーンズランド大学と共同でX線イメージングの実験を実施しました。 

Discussion

+ 2014.4.9. New undergraduate students join our group.

物理工学科マテリアル科学コース4年生の5名があらたに研究室に配属されました。

+ 2014.4.1. New graduate students join our group.

材料工学専攻修士課程の4名、博士課程1名があらたに研究室に配属されました。

+ 2014.4.29. Open our web site

先端材料機能学講座(安田研究室)のホームページをオープンしました

brand new page